仕事の流儀

保護ネットの設置

更新日:

今日は昨日に引き続き、新しく作っているぶどう畑で支柱の固定を中心にワイヤー上げなどを行っていましたが、昨日はやっていなかった新しい作業が苗を保護するためのネットの設置でした。これは、主にうさぎなどの動物から苗やそこから出てきた新芽を守ることが目的のもので、グローチューブなどと同じ目的を持ったものです。

 

チューブか、ネットか

今回の畑ではネットを使っていますが、以前に働いていた畑では塩ビパイプのようなものや、もっと薄手ではあってもやはりプラスチック素材のチューブを使っていました。特にどちらがいいのか、というのは使う側の好みによるところも大きいように思いますが、個人的にはネットのほうがいいように考えています。

 

以下に、今回使ってみて気がついた点を列挙してみます。

 

長所

  • 軽く、かつ、かさばらないので、作業中の取り回しが楽
  • 網目なので日光、風、雨などを遮断しない

 

短所

  • 設置の際に一手間が必要
  • 網の目に新芽が引っかかったりすると芽が落ちる危険性がある
  • 脆い?
  • 下草刈の際に注意が必要
  • トラクターなどで網目を引っ掛ける可能性は比較的高い

 

こう書くと今回使った保護ネットは長所よりも短所のほうが多く感じてしまうかも知れませんが、取り回しが楽なことに加えて陽の光や雨、風を遮断しない、ということはそれだけでここに挙げた短所すべてを補ってもまだ得るもののほうが大きな状態だと言えます。どちらを使うのが有利なのか、一度考えてみるといいかも知れません。




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Nagi

ドイツでブドウ栽培学と醸造学の学位を取得。本業はドイツ国内のワイナリーに所属する栽培家&醸造家(エノログ)。フリーランスとしても活動中

あなたへのおすすめ記事

1

この記事は2018年6月2日に投稿されたものを一部加筆・修正し再掲したものです   2018年という年は少なくとも欧州におけるワイン業界では極めて良好な、歴史的な大豊作のヴィンテージになった ...

2

ワインの勉強をしているとほぼ確実に耳にするであろう、”ワイン用ブドウ栽培の北限”と呼ばれる地域が最近、従来北限と言われていた国よりもさらに北にシフトしつつあることを以前の記事で書きました。これは主に世 ...

3

ワインの発酵とその間の温度管理はきっても切り離せない、とても重要な関係にあります。 ブドウを搾ったジュースがワインに変化していく発酵過程において、その間の液温が低すぎれば酵母が活動できずに思ったような ...

-仕事の流儀

Copyright© Nagi's Wineworld , 2019 All Rights Reserved.