Member 仕事の流儀

新梢の除去とその意味

更新日:

今日は先日と同様、新梢の除去作業を行ってきました。

 

先日の支柱の固定と新梢の除去の記事でも書いたことですが、この作業は主に一つの場所から複数出てしまっている新梢(副梢)を除去するものです。普通は副梢の名の通り、メインの新梢は太く力強い一方で、除去すべき新梢(副梢)の方は細く、メインの新梢の横から生えているような場合がほとんどです。

 

このような場合には除去すべき新梢を迷うことはありません。このような状況下では、残されるべき新梢は自ずと残すと判断される諸条件を満たしています。

ところが、どちらの新梢も変わらず太く、力強く伸びてしまっているような場合があります。このような場合は、先日の記事のとおり、どちらを残すのかを改めて選別する必要が生じます。

 

なぜ副梢は除去すべきなのか?

副梢を除去すべき一番の理由は、エネルギーの無駄使いを防止することにあります。

 

一般に一本のぶどうの樹から伸ばす枝の数は剪定の時に予め決められています。ところが、副梢をそのままにしてしまうと、この予定された数以上の枝が伸びることとなります。このような状況は様々な部分に影響を及ぼしますが、一番大きな影響は果実の熟度や凝縮度に現れます。



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから


あなたへのおすすめ記事

1

先立って「ワイン醸造の暗部?補糖は悪なのか | シャプタリザシオンをめぐって」というワインの補糖に関する記事を公開したところ、   補糖の有無よりも補糖することによるワイン内の糖分の量が気に ...

2

先日、当サイトの記事を読んでくださっている方から「ブドウ畑やワイン生産者における山や川の重要性」についてご質問をいただきました。せっかくですので今回はこのテーマについて筆者の個人的な見解に基づくものに ...

3

最近、某有名MW (Master of Wine) がプロデュースしたワイングラスが日本でも発表され話題となっています。 このMWが自身では赤でも白でもワインを飲むときには長年に渡って同じグラスを使っ ...

-Member, 仕事の流儀

Copyright© Nagi's Wineworld , 2020 All Rights Reserved.