Member 栽培

エコロジックのお値段 | 病気の防除価格について考える

投稿日:

最近は健康志向の現われなのか、エコロジックとも呼ばれる有機栽培が人気です。

この潮流はワインの世界にも届いており、有機栽培で育てられたブドウから造ったワインじゃないと取り扱わない、とするワインのインポーターさんは日本にも多数いらっしゃいます。またこのエコロジックに対する考え方がより強くなった、自然派とも呼ばれるナチュラルワインなどは昨今、耳にする機会が増えているのではないでしょうか?

 

エコロジックもしくは有機栽培という考え方は元々は地球環境に対する負荷の低減を目的として行われているものであり、エコロジック = 健康志向ということは必ずしも成り立たないのですが、この辺りはかなり曖昧に認識されているところもあるようです。

 

ビオとエコは違うのか?

世の中のワイナリーを見渡していると、通常のワイナリーの他にビオロジックとエコロジック、ビオディナミッシュ(英語:バイオダイナミクス)というような区分を見つけることが出来ます。   今回はこの ...

続きを見る

ビオとナチュラル | 醸造面から見たその違い

筆者がTwitterで時々、思い出したようにPostしてはそのたびに(筆者のアカウントとしては)軽くバズったような状態になるキラーワードがあります。それが「ナチュラルワイン」です。   最近 ...

続きを見る

 

そんな中、有機栽培にすると作業コストが高くなる、という話をよく聞きます。

消費者の方も健康にいいのであれば多少の価格の上昇は仕方ないこと、当然のこととしてこうした主張を受け入れる向きが強いように思います。一方で、実際にエコロジックの導入がどのくらいのコスト上昇につながるのかを知っているでしょうか?

今回はワイン用ブドウの栽培における重要な仕事の一つである、病気の防除に注目して、専門誌の記事に掲載されたコスト試算をもとにエコロジックのお値段を見ていきたいと思います。

 

病気の防除とは何か

ワイン用のブドウ栽培において特に気を付けなければならない病気というものが3種類あります。Powdery mildew (日本語名: ウドンコ病)、Downy mildew (日本語名: ベト病)、Botrytis (日本語名: 灰色カビ病) の3種類のカビ系の病気がそれにあたります。なおPowdery mildewとDowny mildewはそれぞれ原因菌の名前をとってOidium (オイディウム)、Peronospora (ペロノスポラ) とも呼ばれます。

これらの病気はBotrytisが貴腐ワインの原料として使われる貴腐葡萄の収穫に必要となるため部分的に例外扱いされることを除けばどれもワイン用のブドウ栽培においては致命的な被害につながる危険性の高い病気であり、積極的に予防していく必要のあるものです。

最高級ワインを構成する高貴なカビかブドウを腐らせる大敵か | Botrytisとは何ものか

世界における最高級ワインはなにか、と聞かれたら何と答えるでしょうか? ボルドーやブルゴーニュの赤ワイン? アメリカを中心としたカルトワイン? 多くの人に愛されるシャンパン? それとも今を時めくナチュラ ...

続きを見る

この予防のための行為を「防除」といいます。

また防除のための薬剤をスプレーを使って散布することから、単純に「スプレー」と呼ぶこともあります。

栽培技術 | ブドウ栽培における病気への対策 - 防除の方法

本格的な夏が近づき、日々気温が高くなるこの時期、ブドウはぐんぐんと成長していきます。 ブドウの成長が進むと畑では芽掻きやワイヤー上げ、副梢の除去などに加えて下草の刈り込みや土の鋤起こしなどやることが膨 ...

続きを見る

ブドウ栽培における三大疾病 | ベト病とその原因菌の生態

ワインの勉強をしていると、代表的なブドウの病気についても学ぶ機会があると思います。 その中でも代表的なものがベト病、ウドンコ病、そして灰色カビ病で、この3種類については耳にしたことがある方も多いのでは ...

続きを見る

 

防除は栽培方法によらず必要となる行為で、慣行農法でも有機栽培でもビオディナミ (バイオダイナミック) でも、使用される薬剤の種類や量は違っていても基本的にはすべての農法で行われています。

 

有機栽培における防除のお値段

先日、der deutsche weinbauというワイン関連の専門誌において"Sparpotenzial"と題した、この防除にかかるコストをテーマにした特集記事が掲載されました。ここからはこの記事において使用されていた試算をもとに有機栽培における防除の価格を見ていきます。

 



このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。

会員の方はログインして下さいログイン
会員登録はこちらから

サークル 【醸造家の視ているワインの世界を覗く部】へ参加してみませんか?
ワインを中心に、学習や幅広い交流を目的としたオンラインコミュニティ。栽培や醸造、マーケティングなど新しい学びやワイン造りの裏側に触れたい方はぜひ。
サークルメンバーの方はすべての記事がお読みいただけます。

▼サークルへの参加はこちらから
https://note.com/nagiswine/circle



あなたへのおすすめ記事

1

ワイナリーやワインショップで試飲して気に入った白ワイン。買って帰ってきたけれど、まだ飲み頃には少しだけ早い気がしてもうしばらく自宅のセラーで寝かせることにした。 その後半年経ったある日の食卓。 本当は ...

2

ドイツに住んで、ワイン関係の立場にいるとちょくちょく日本からの観光客の方からこんな質問をいただきます。まぁ、一般的な日本人からすればドイツと言えばビールにソーセージ、そしてサッカー。ワインのイメージな ...

3

まず皆さんに質問です。   世界的に見て、最も造りにくいワインといえばどんなワインかわかるでしょうか?   例えば、ドイツワインを見てみましょう。 今までにも何度か見てきたように、 ...

-Member, 栽培
-, , , , , ,

© 2020 Nagi's Wineworld